ADSL回線の時は動画がスイスイ見れませんでした。

現在妻の実家である一戸建てに7年程度住んでいます。今年の4月に光回線を始めたのですが、それまではADSL回線でした。ADSL回線の時は月額料金3500円程度で、使い放題でしたがやはり回線速度が遅いのがネックでした。動画などを再生する際に、時々止まったりするのでスイスイと動画が見れるようになるにはやはり光回線しかないと困っていました。

しかしながら、プロバイダーが大阪でしたので、ラジコでラジオを聴く際に大阪の放送局が聴けたのはよかったです。今は埼玉に住んでいますが、こちらのラジオはラジコで聴ける民放が1局しかありません。

回線速度が遅いため光回線に乗り換えたいとは以前から思っていたわけですが、月額料金が1000円以上高くなるのにどうしてもためらってしまい、数年間はADSL回線にしていました。スマホを大手キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えることで、通信費が安くなったおかげで光回線に乗り換える決断が出来たのです。

埼玉の光回線では最安級のものですが、このおかげで動画もスイスイと見られるようになりました。しかしながら、ラジコでは埼玉の放送局しか聴けなくなりました。

回線速度が速くなったのと安定したのはとてもありがたいことです。
ただもっと早いNUROが埼玉でも使えるという情報を見ました
nuro埼玉.com
こうなると欲が出て来ますね。。

最後になりましたが、一戸建てとマンションとで光回線の料金に結構差があるのは今でも不思議に思います。

丁寧な歯磨きを習慣づける難しさ

長男は高校生の時から歯の矯正をしています。

2年ぐらいは歯の表面にワイヤーを固定させて、ずっと付いたままの状態で過ごさなければいけないのですが、もちろん食事の時も付けたままなので、歯とワイヤーの間に細かな食べ物のかすが詰まってしまいます。

食後のたびに専用の歯ブラシを何種類か使い分けて、細かく丁寧に歯磨きをしないと、虫歯の原因になるので、息子は口の中に入れて見ることができる鏡も使って毎日、頑張って歯磨きをしていました。

でも大人でも大変な この作業、息子もなかなか継続するのは大変そうで、時には歯磨きを簡単に済ませてしまうこともありました。

毎月1回歯医者で矯正のワイヤーの調整と、歯の掃除に通っていたので、虫歯になることもなく、歯を綺麗に維持することが出来ています。

やはり親が言っても なかなか素直に聞き入れないお年頃もあるので、家庭だけではなく、歯医者に行って歯科医、歯科衛生士の方々に歯磨きの仕方や、歯のケアの大切さを子どもに説明してもらったり、実際に歯ブラシを使って教えてもらうなどの連携も長続きするコツだと思います。

まだ乳歯が残っていた頃は、矯正もできない時期で定期的に歯医者に診てもらうこともなかったので、虫歯が多かったですね。
特に幼児の頃は私たち親も慣れていないのもあってうまく歯磨きをしてあげられなかったことを後悔しました。
今みたいに赤ちゃん用のジェルなどあればもう少しうまくできたかなと思います
(参考:赤ちゃん歯磨きジェル

また次男の方は、面倒くさがりで、歯磨きの時間もとても短く、歯医者も嫌いなので虫歯ができやすいです。

クラブ活動をしていることもあり練習で帰ってくるのも夜になり歯医者もあいていないので、夜遅くまで開いている歯科医院をなんとか探して、検診に行くようにしています。

歯とは一生のお付き合いになるので、親子共々これからも歯医者さんと連携をとりながら歯を大切にしていきたいと思います。

私の一日。

朝のアラームがなり、私の一日が始まる。子供を起こし、朝ごはんの準備。旦那と子供のお弁当を急いで作って、みんなで朝ごはんをいただきます。

旦那が仕事に行き、子供が学校、保育所に行ったら、やっと私の時間だ。

テレビを見て、コーヒーをズズズっ。。まだ30過ぎたばかりなのにもう、おばさんちっく(笑)
最近はお歳暮で貰ったこのコーヒー(スターバックス オリガミドリップコーヒーギフト)を落とすのが好き。

友達のほとんどは、結婚して子供いてもバリバリ働いて仕事してます!って感じの子ばかりで正直、付き合いづらい。

家事だけしてて本当にいいんだろうか。。本当は少し焦ってる。

私だって頑張れば、バリバリ働けるんだから!って思いながら、せんべいをバリッ。

でも、4〜5年仕事から離れてしまうと正直、外に出るのが億劫になってしまう。

最初から仕事を覚えるとか、家庭と仕事を果たして両立できるのだろうか?とか。

そんな事を毎日毎日考えながら、掃除、洗濯、買い物。。色々やっている。

そんな私をわかってくれているのが、優しい旦那様だ。

「焦らなくていいから。大丈夫だよ。二人でゆっくり考えて行こうね。」

この一言で、私は本当に救われている。

明日も、子供たち、優しい旦那様のために美味しいご飯を作ろう!

そう思って、今日も夕飯の準備をするのだ。